人気ゲーム Archive

人気ゲーム『たまごっち』の歴史

1996年にバンダイから発売されたゲームである、社会現象となったたまごっちは、非常な人気でワールドワイドで親しまれていました。世紀末の96年代には2000年代の今のように誰もがスマートフォンを持っている時代ではなく、小型のゲーム機で携帯ペットを卵から育てることができる、というのはとても新しい試みでした。そして、2021年の現在でもバンダイはたまごっちを販売していることをご存知の方もいるでしょう。現在販売されているたまごっちのパターンとしては、人気の高い作品のキャラクターにフォーカスされて、限定で販売するという手法が取られています。携帯で写真が撮れる今となってはインスタントカメラは廃れているかと思えば、若い世代には一周回って新しいと人気が出ているのと、たまごっちも同じなのかもしれません。

歴史を作った5つのビデオゲーム

ビデオゲーム史上一番業界の歴史を作った作品をトップ5で紹介します。 1、ファイナルファンタジー7、ロールプレイングゲームとして7作目になるファイナルファンタジーシリーズで最も売り上げが良く、今ではスピンオフ作品やCGでの映画が上映され、最近プレイステーション4にてリメイク作品が発売されました。

パソコンでプレイするのに人気の無料ゲーム

パソコン系ゲームの中も特に人気なのが、無料で遊べるオンラインゲームです。世界中の不特定多数の人たちと同時に遊べるので、自宅に1人でいても延々と続けられる魅力があります。今回はそんなオンラインゲームに焦点を当て、最新版パソコン系ゲームのトップ3をご紹介します。 まず最もおすすめの第1位は、黒い砂漠です。黒い砂漠は2015年に日本語版が正式リリースされましたが、その前から高いクオリティが人気を集め、海外版を遊ぶ日本人ユーザーが大勢いました。このゲームの魅力はやはり圧倒的なグラフィックと、自由度の高いシステム設計にあります。ファンタジーな世界で冒険を楽しんでもよし、釣りや採取といった戦いとは無縁クオリティしてもよしと、遊び方は常にプレイヤーそれぞれに委ねられています。キャラクタークリエイトの幅も広いため、愛着の持てる自分の分身を作りやすいのもポイントでしょう。世界最高レベルのMMORPGがやりたい人には、黒い砂漠は最もおすすめできます。 第2位は、ビビットアーミーです。2019年登場の新進気鋭なゲームですが、サービス開始と同時に一気にユーザー数を確保し、今や無料のオンラインゲームの中でも人気のタイトルとなりました。内容としてはミリタリーシミュレーションゲームということで、陸軍や海軍を編成して他のプレイヤーと戦う要素が人気です。キャラクターも可愛らしいデザインながら個性があり、育成することの楽しさと戦闘を自動で消化できる手軽さを両立させているので遊びやすくなっています。舞台や施設の強化はやり込み要素十分なため、長くお金を掛けずに遊びたい人ほど向いているかもしれません。 第3位は、ワールドオブウォーシップです。こちらは超本格海戦バトルゲームというジャンルで、eスポーツの大会も開催されるほどの大人気ゲームでとして知られています。日露戦争から第二次世界大戦までに実在した戦艦が登場し、日本でファンの多い戦艦大和ももちろん登場します。課金要素で全てが決まらず、プレイヤースキル次第でいくらでも勝機を掴めるというゲーム性も評価の高い理由です。多少大人向けで難しい部分はあるものの、白熱した対人戦を楽しみたい人には絶好のタイトルとなっています。戦艦の再現性とクオリティも素晴らしいですし、一度はやってみる価値のあるオンラインゲームです。パソコンのスペックはそこそこ必要なので、そこだけは注意をしておいてください。

AppleかAndroidの携帯か?:アツいゲームができるのはどっち

スマートフォン向けのOSは、Apple系のiOSとandroid携帯のandroidに大きく分けられます。厳密にはそれ以外にもいくつかのOSが存在しますが、メジャーなのはその2つであり、国内で市販されている携帯電話も基本的にその2種類になります。スマートフォンの主な役割はコミュニケーションツールですが、近頃は多彩な目的でユーザーに利用され始めています。