代表的なゲームジャンルは?

1983年に、任天堂のファミリーコンピューター(ファミコン)が発売されました。それから30年以上の歳月が流れ、テレビゲームは生活の中に定着してきています。

代表的なゲームジャンルは?

一口にゲームと言っても、色々な種類やジャンルがあります。苦手のものをプレイしていても、あまり楽しむことができませんし、上達も遠のいてしまうでしょう。色んなものに挑戦したいというのであれば、まずはどう違うのか、ジャンルの違いについて理解を深めることが大切になってきます。

まず、代表的なものに、アクションがあります。キャラクターをコントローラーで直接的にリアルタイムで動かし、ゴールを目指したり、ボスキャラを倒したりしていくのです。障害物をよけながら進んでいかないといけないため、反射神経や瞬間的な判断力が求められます。有名なアクションには、スーパーマリオやソニックザヘッジホッグ、ロックマンなどがあります。

続いて紹介するのは、シューティングです。その名の通り、銃などの武器を用いて、標的を射撃するタイプのものとなります。戦闘機を操作したり、銃を持って敵を倒しながら進んでいったりなど、色々な種類のものがあります。通常のシューティングは、四方八方から飛んでくる弾幕と敵をよけ、ターゲットを撃たなければならないため、難易度が高めです。代表的なシューティングには、グラディウスやツインビーなどがあります。

シュミレーションは、現実の事象や体験を仮想的におこなうタイプのものです。恋人を探したり、コンビニを経営したり、一人の戦国大名になって天下統一を目指したりなど、色々な種類があります。レーシングは、機械や車に乗り、ライバルよりも早くゴールを目指すのが主な目的となります。実際に車や船、飛行機などの運転を疑似体験することができ、爽快感やスピードの体感を楽しむことができるでしょう。

アドベンチャーはプレイヤーが行動を選択して謎を解き、ストーリーが進んでいくタイプのものです。アクション要素が少なく簡単操作でプレイできるので、初心者でもプレイしやすいです。ミステリーアドベンチャーは、操作と推理を繰り返しながら、短編推理小説を読んでいるのと同じような感覚を味わえます。

最後に紹介するのは、ロールプレイングです。主人公となるプレイヤーを操作し、謎を解いたり、敵を倒して経験値をためてレベルを上げたりして、「最終目標」である大ボス打倒を目指していきます。基本的にアクション性は少なく、戦闘中にどのような行動をとるのが最適か見極める思考性が重要になってきます。代表的なものには、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーがあるでしょう。